STORY

Hand pendant

Hand pendant photo

Hand pendantの元になっているハンドモチーフは、
元々は何に使われていたのか分からないヴィンテージのメタルパーツ。
その造形がとても美しかったので、パーツをそのまま型取りして鋳造し、
石座等を付けペンダントに加工しました。
中指には、KALEYDEのCabochon ringをひとつ。
そして、身につけた人が自分の宝物、幸せ、夢を掴めるようにと想いを込めて、宝石を手にしたデザインにしました。



長い時を経て現代まで残ってきたブロカント(古道具)からは、そこに関わってきた人々の愛情を感じます。

私が国内外で出会った美しい古道具たち。
それは日用品や、壊れかけのアクセサリーや、用途の分からないジャンクパーツなど...他の人から見たらゴミに見えるかもしれない物もあります。
だけど、何かぐっと惹かれる所があって集めてきたものばかりです。
そんな1点物と出会えた時は、私の元に来るべくして来てくれたんだ、と思います。



そもそも、その古道具を販売するオーナーがそれを発掘していなければ、埃を被ったままずっとどこかの国で眠ったままだったかもしれないし、私以外の人が手にしていたら全く別の用途になっていたかもしれない。
だから、そんな風に様々な人々の手を渡って、自分の手元に来てくれたのは運命だと感じます。



そんな愛しい古道具たちをアクセサリーに作り変えることで、次の時代に残していけたらと思っています。

そしてまた、色々な人々の手を渡って、何年も何十年も残ってくれたら幸せです。 


OTHER STORY

Hand pendant Movement ring Bottle pendant Cabochon ring